薬剤師の次のステップ。管理薬剤師という仕事

管理薬剤師になるにはどうすればいい?

薬剤師の次のステップ。管理薬剤師という仕事

薬剤師は薬の専門家。 患者に薬の調剤・アドバイスをしたり、医薬品の管理をするなど、 薬を通して社会に貢献する仕事です。

薬剤師と一言で言っても実は種類があり、その中に 管理薬剤師というものがあります。 管理薬剤師は管理職的役割を持った薬剤師のことで、 薬の製造や販売、取り扱いを管理する業務を行います。

薬事法という法律があり、上記のような医薬品の 製造・販売・取り扱いをしている業者ではかならず、 この管理薬剤師を置いておかなければならないという事が 決められています。

管理薬剤師は薬剤師として知識を勉強したり経験を積んだりし、 実績を作っていくことで、なる事が出来ます。 こういう資格を取れば管理薬剤師になれるなど、 就く方法が決まっているわけではありません。

しかし、薬剤師として頑張って仕事をしていけば、 その職に就ける可能性も高まります。 管理薬剤師は普通の薬剤師とは事なり、その職場での管理を 任されることになるので、業務の幅も広がります。

具体的には患者の薬の相談に乗る本業以外に、 顧客への対応や、ストックされている医薬品の在庫チェック、 商品の陳列や他薬剤師スタッフの管理など多岐にわたります。

もちろん責任のあるポジションなので大変さもありますが、 その分仕事のやりがいや自分自身の更なるレベルアップにも 繋がります。更にその分、収入アップも期待できます。

薬剤師を目指す人は多くいますが、管理薬剤師まで 見据えて仕事に取り組む人は多くないため、 次のステップとして管理薬剤師を目標に持つのも 良い選択肢です。

管理業務をしていくには薬剤師としての業務を 一通り身に付ける必要があります。 また、医薬品に関する知識だけでなく、薬事法などの法律、 医薬品の管理の仕方、医療事務などの知識も必要になるでしょうし、 スタッフの管理はリーダー的な人格的な要素も必要になってきます。

まずは目安として3年間、薬剤師としてしっかり頑張っていけば、 管理薬剤師としての道も、かなり見えてくるのではないかと 思います。