医薬分業が進んで病院薬剤師の仕事は重要になります

チーム医療における病院薬剤師の役割とは?

医薬分業が進んで病院薬剤師の仕事は重要になります

医薬分業が進むことによって病院薬剤師の大部分は薬局薬剤師となって外に出ていきました。 現在の病院薬剤師は医学部付属の病院であったり地域医療の中核となる総合病院に代表される比較的大規模な病院に勤務しています。
秋田県薬剤師会

そんな背景の中で病院薬剤師の役割は大きく様変わりしてきました。 今までは病院で勤務する薬剤師の仕事は外来の患者様への調剤が中心でした。 現在は調剤の業務をしながら入院患者様をケアする仕事も同時に行います。

医薬分業が行われる以前は薬剤師が病棟につくことはありえませんでした。 実際に全ての病院で医薬分業が徹底されているわけではありませんし、まだまだ試行錯誤の状況であります。 薬学が6年制の修業年限になって初めての薬剤師が医療の現場に巣立っていきましたから、より一層医療現場は様変わりしていくと考えられています。

薬剤師の存在感は高くなって、さらに専門的な知識がもとめられるでしょう。 病棟勤務の薬剤師のニーズはますます増えていくことになると予想されています。 豊富な薬学の知識に裏打ちされた調剤業務が薬剤師の仕事の基本です。

医師が出す処方箋をもとに薬を調剤して患者様に処方するあり方はこれからも変わりません。 この基本的な調剤業務にさらにプラスされた仕事が病院薬剤師には期待されています。 その一つは製剤業務です。

製薬会社が作った薬を調剤するのではなく医師がどうしても必要としている薬で製薬会社から手に入らない薬の有効性と安全性を十分に検証しながら病院薬剤部で製剤することです。 病院にとって患者様に一番適した薬を調整する製剤業務は欠かせない重要な仕事です。

薬剤師にとっても調剤業務ではなくて一から作り上げる仕事としての製剤業務はとてもやりがいがあるでしょう。 薬局薬剤師では味わえない仕事であり決して表舞台には出ない特別なものになります。

以上のように、これからの病院薬剤師はチーム医療の一員として<薬剤師がいなければ医療が立ち行かない>というレベルの存在になると考えられています。