病院薬剤師の給与

薬剤師としてのやりがいと給与、どちらを取る?

病院薬剤師の給与

病院薬剤師とは、その名の通り病院に勤務する薬剤師のことです。 一般的な調剤薬局の薬剤師と同じように、処方箋に基づいて医薬品を調剤、服薬指導することがメインの仕事となりますが、いくつかの違いがあります。
秋田県薬剤師会

まず取り扱う医薬品についてです。 調剤薬局では、患者さんが自宅で服用する医薬品を調剤することになるので、自己注射を除いては注射剤などの取り扱いはほとんどありません。

一方で、病院薬剤師となると外来の患者さんに加えて、入院患者さん医薬品も含まれるので、注射剤はもちろんのこと、点滴薬などの取り扱いが増えてきます。 医薬品の種類も調剤薬局よりは増えますし、必要な知識も技術もより広く、深くなるのです。

こうなると、薬剤師の負担が増えるように聞こえますが、気になる給与はどうなるのでしょうか。 あくまで一例ではありますが、病院薬剤師の給与は平均年収にして400万円~650万円くらいのことが多いようです。

バラつきはあるものの、サラリーマンの平均年収が400万円くらいと言われる昨今では、比較的高めと言えるでしょう。ひとことに病院薬剤師と言っても、国立病院から私立病院、規模も100床に満たない病院から、地域の基幹病院となっているような、200床を超える総合病院まで様々です。

また、地方などで病院薬剤師が不足している地域などでは、給与が高いところもあります。 国立病院の場合は、病院薬剤師の中でも平均給与が高めと言われていますが、病院の経営状況などによって給与にばらつきがあります。

加えて、病院薬剤師の場合は当直勤務や休日当番勤務などがあるので、身体的な負担が大きいと考える人は多いようです。しかし最初に述べたように病院薬剤師は、多くの医薬品を取り扱い、最新の医療、医薬品に関する情報を得やすいことから、薬剤師として力をつけるには確かな場となります。

それでも給与に不満があるという場合には、転職という手もあります。 一度病院薬剤師となると、その幅広い知識、技術から重宝される場合も多いのです。 今後のキャリアアップを考える人は、病院薬剤師はお勧めです。