薬剤師の夜勤

夜勤を避けて働きたい・・・

薬剤師の夜勤

医療や介護の現場でしばしば問題となるのが夜勤です。 夜勤というと、一般的にきついというようなネガティブなイメージがありますが、それも考え方や利用の仕方によっては一概には言えません。

それでは薬剤師の夜勤はどのようなときに発生し、またどのように考えていけばよいのでしょうか。 まず薬剤師で夜勤に就く可能性が高いのは、病院薬剤師です。 国立病院や総合病院など規模の大きい病院になれば、夜勤は避けられません。

中小規模であっても、今度は薬剤師の人員の問題などで、夜勤は発生してきます。 ただ、病院によって夜勤の頻度はさまざまです。一見夜勤が少なくても、残業が多くて帰宅が遅くなるのが常態化しているところもあるので、そういった面も考慮しましょう。

クリニックの門前調剤薬局などでは基本的には、夜勤はありません。 日曜日や祝日も休みのことが多いので、日勤がいい、日曜日は休みがほしいといった人には調剤薬局がお勧めです。

ただし、地域の薬剤師会などの持ち回りで、休日当番や夜勤があることもあります。 病院薬剤師に比べればその頻度は少ないですが、医療関係という職業上、そういった可能性があることは覚えておきましょう。

その他、製薬会社のDI業務などは、基本的に夜勤はありません。 しかし繁忙期には残業などが増えることも多いでしょう。 また得意先へのサービス体制として、24時間電話受付などがあることは考えられます。

夜勤は身体的、精神的に負担にはなりますが、考え方によってはありがたい存在でもあるのです。 たとえば手当がつくので収入アップになったり、夜勤の前後で昼間が休めることから、昼間に済ませたい用事を済ませられるなどがあります。

子どもの行事に参加したいという理由で、あえて夜勤に入る人もいるくらいです。 また夜勤のみアルバイトで入るという働き方もあるでしょう。 今後もライフプランなども考えて、夜勤ともうまく付き合っていきたいですね。 薬剤師として求職する場合には、夜勤の有無は確認しておきましょう。